Concept コンセプト

全てのモノ、コトの産出にはCONCEPTが必要である。

CONCEPTは創造の出発点であり、プロジェクトの進行方向を決定づける大切なファクターである。
CONCEPTの語源はCONCEPTION(妊娠)だと私達は考えている。
人と人が出逢い、愛を育み、自然にSEXをし、妊娠する。そして、子供が産まれ、育てるように、ビジネスも同じく出逢いからCONCEPTIONし、新たなビジネスモデルを産み出し育て推進するからである。CONCEPTは後から付け足されたものであってはならないし美化された言葉遊びであってもいけない。
CONCEPTIONするように出逢いからお互いを認め合いビジョンが明確化された上で生まれたものでなければならない。どちらかと言えば作るというより自然に産まれるものである。
その上位部分に位置するのが理念であり、理念がないまたは体現化されないままでは決してCONCEPTは産まれない。
フィロソフィー(哲学)のない企業や人は時流に流され地に足のついたビジネス展開が困難な上、リスクも大きくなる。
人がイメージしたモノ、事は歴史が証明してきたように全て形になるがその為には説得力のあるフィロソフィーと明確な理念を持ち合わせていなければならない。ストーリー化されたCONCEPTは「人々の共感」を呼び大きなコミューンを形成していく事になる。
また、プロジェクトを推進していく上で、途中軌道修正はあるにしてもCONCEPT自体を薄めてしまったり、塗りかえてしまう行為はできるだけさけるべきであろう。
先にも述べたようにCONCEPTはハードの上塗りではなく内からくるパワーを具現化するリソース(源)であり、存在理由の探究につながるものだからである。

A concept is necessary to produce all kinds of things.

A concept is the start of creation and it is also a important factor that controls where the project is going.We believe that the origin of a word “CONCEPT “is “CONCEPTION.”
Just like people meet and fall in love, make love, conceive, give birth, and raise a baby, business also starts from an encounter and conception and creation of a new business model, so concept can’t be a superficial word. It has to be a consequence of an encounter and mutual trust with a clearly shared vision. You don’t have to think hard to make a concept because it will naturally exist in front of you. Without a clear vision and principal, a concept will not be “born.”
A company or people without a philosophy will not succeed in developing a long-lasting business and face more risks. As our history proves, all the things people imagined in the past have come into being, but convincing philosophy and clear principal must be there to turn our imaginations into a reality.
A concept with a story will attract people’s sympathy and create a big commune. As a project moves forward, you might have to make adjustments but you must avoid making your concept weak or changing it completely. A concept is not a superficial thing but it is a resource that embodies the power within and it will lead us to a quest for raison d’être.